先日、保護者の方から「ガチャガチャ」の機械を頂きました。

職員と一緒に何に使おうかと考えました。

現在、当園の3・4・5歳児の食事は、2階と3階に分かれて食べています。

2階は、2歳児ともも隣接して食べる場所ですので、人数が多くなります。

3階は、子どもの音環境を考え、少人数で静かに食べたい子が集まるようにしています。

また、席は自由で2階、3階で食べることも子ども達が選び、どの席に座るかも自由です。

そこで、何気ない毎日の昼食を楽しく食べることができないかと考え、テーブルごとに数字を割り振り、この「ガチャガチャ」を食事の途中で保育者が回し、そこにたまたま座った子が喜ぶ「ハッピーテーブル」というのを作りました。

私たち大人も朝のテレビや新聞の占いで、自分の生まれた月や星座がその日によかったら、何かその日1日が楽しくなりますよね。それと同じで、たまたまその「ガチャガチャ」で当たった席に座る子がいたら楽しくなり、午後からの1日を過ごしてくれたらと思い作りました。

私もその場はまだ見たことがありませんが、子ども達にも浸透しているようで最近は2階で食べたい子が増えてきているみたいです(笑)