立志式


先日、娘の中学校で立志式がありました。

立志式とは、子どもが数え年で15歳になったことを祝うもので、目的としては

大人になるための自覚を深め、将来への具体的な目標を持たせるために行われています。

式では、KKTでおなじみの、”もっちゃん”こと本橋馨さんが来られ、「自分の可能性を信じて」という題で

講演会がありました。

本橋さんは子どもの頃、プロ野球選手を目指してろくに宿題もせずに毎日野球ばかりしていたそうです。

中学生になり、野球部に入ったそうですが、元々体が弱かったこともあり、練習についていけず、退部

することに・・・ それからは勉強をするふりをして、ラジオ三昧ふらふら

そうこうするうちに、大学入試を迎えたものの勉強はしていないため、10校受験し10校とも落ちたそうです。

それから浪人生活が始まったそうですが、ご両親からのプレッシャーで予備校に通う電車に乗ると吐き気に

襲われるようになり、予備校まで途中下車しては吐き、テキストを開けば吐きという生活を送られたそうです。

そして、その年の受験はというと、ご両親が喜びそうな大学は全部落ち、ただ一つ名前も聞いたことのないような

大学に合格されたそうです。

そこから本橋さんは変わられたそうで、良い大学に行った人たちを見返してやろう!自分は何をしたいのか、

野球が好きだったこと、ラジオが好きだったことから、スポーツの実況中継のできるアナウンサーになろう!!と

それから猛勉強をされたそうです。

長くなりましたがあせあせ (飛び散る汗) ダメダメな男でも、これだ!というものを

見つけ、諦めずに頑張れば何でもできる!!という事を子どもたちに伝えたかったということでした。

将来何になろう・・・と模索中の娘ですが、これだ!というものを見つけ、夢に向かって頑張って欲しいなと思います。

 

るんるん (音符) つぼみ・なでしこ     藤本依子るんるん (音符)