節分


毎年年末には主人の実家の福岡へ帰るのですが去年の年末、帰る前日から主人がインフルエンザにかかり今回は熊本での年越しになりました。そのため、先日ちょっと遅めの帰省をし、ちょっと遅めの初詣へ…。お正月からはだいぶ先になりましたが福岡の神社は人・人・人で驚きました。お正月の時よりは人の数も少なかったのですが、もうすぐ節分ということもあり節分祭の準備もされていました。福岡のお正月の神社にはどこでも福みくじというものがあり、一等にはハワイ旅行などすごい豪華賞品が当たるおみくじがあります。節分祭にも同様の福みくじがあります。息子2人も節分祭の福みくじを引きました。なんと次男は4等を引き、自分より大きな金のうちでのこづちの飾り物を当てました。長男は中吉だったのでここから選んでくださいということで傘を選んでいました。熊本にはない地域ならではのおもしろいさがあり、参拝の楽しみの一つにもなっています。

さて、もうすぐ節分です。保育園にも部屋のあちこちに様々な鬼の絵が…。子ども達がよく「先生~鬼だよ!」と教えてくれます。先日、たんぽぽぐみの部屋にいるとひいらぎいわしの絵が…。「先生、葉っぱとお魚!」と話かけてきてくれたので、「葉っぱはヒイラギで魚はイワシの頭だよ!葉っぱのトゲトゲとイワシの臭いにおいで鬼さんが逃げるんだよ!」と言うとそのまわりのお友だちにもそのことを教えてあげていました。私もそれをはじめて知った時にはへぇ~なるほど、と思いました。日本には昔から伝わるものがたくさんあります。節分もその一つであり、食べ物にまつわることも。節分会の日には牛肉とごぼうの煮物(大豆)があります。大豆は自分の年の数食べると体が丈夫になり病気をしないと言われます。美しい春夏秋冬の移り変わりの中で毎年巡ってくる行事…、大切につなげてきたいものですね。

 

チューボー さくらんぼ  いしづかよこ