どんどや


新しい年になり、七草、鏡開きとお正月の伝統行事の中で “どんどや ” がありますね。

「どんどや」は、竹の燃える🔥音で災難を追い払うと言い伝えられているそうです。

今年は孫に「どんどや」を見せてあげたいと思い調べたところ・・・

西里のフードパルで開催される「どんどや」は誰でも参加できると知りさっそく行きました。

 

大きな孟宗竹(モウソウチク)を天高く組んであり、点火されると「パン、パン、パーン・・・」と爆竹の様な音が延々と続くこと40分。

 

それは圧巻でした。

寒い日でしたが炎の近くにいて暖を取れました。

その後、くっつかないアルミホイルに包んだ餅を竹に挟んで焼き・・・

皆で食べました。

常連のおばあちゃんたちは、アルミホイルだけでは焦げてしまうと

「もちきち」の缶を用意して餅やさつまいも🍠を入れ焼き芋も作るみたいでした。

 

フードコーナーでは、団子汁、ぜんざい、甘酒、のっぺい汁、カレー、ハリケーンポテトなど色々とりそろえてあり楽しめました。

 

昔からの行事も大切にしていきたいし、孫に聞いたら   来年も行きたいと言うことで、焼く道具や具材も工夫して楽しみたいと思います。

西里の地域の皆さんに感謝でした。

チューボー🍀荒川 邦子