息子の成長


我が家の長男の話です。

中2になる長男。どちらかというと性格は温厚で、幼い頃からの憎めない笑顔も健在。おかげで外部からの評判は上々わーい (嬉しい顔)

しかし、家の中では一番のだらしなさ。部屋は散らかり、携帯とゲームが相棒の、インドア派。というより、オタク猫2

何をするにも人任せで、一人で生きていけるのかと心配になるほどたらーっ (汗)

 

そんな長男が、先日修学旅行へ行ってきました。

2日目は班行動(自由行動)で、16時半までにホテルに到着ということで、無事に帰れるのか心配してました。

もちろん、連絡など取れないので、学校から連絡がないということは、無事だということなのだろうと・・・(笑)

 

最終日、熊本駅まで迎えに行くと、ニコニコで立っている長男。

普段、学校や友だちのことなど全く話さないのですが、車に乗るなり、話が止まらない止まらないうれしい顔

特に、2日目の班行動がとにかく楽しかったようで、念願の抹茶パフェが美味しかったとか、バスがわからず、反対に行こうとしたり冷や汗 (顔)

満喫した最後には時間がなくなり、タクシーに乗り込み、「できるだけ飛ばしてくださいダッシュ (走り出すさま) 」と言ったとか。

 

友だちと一緒だったからではありますが、まったく知らない土地で、バスに乗り、食べたい物を心行くまで堪能し、時間を見ながら動く・・・ということができるようになったことに、ちょっとだけ安心した車中でした。

修学旅行は、親離れ子離れする、いい機会なのかもしれません。

 

ちなみに、2日目の班行動。タクシーの運転手さんが頑張ってくれたそうですが、予定の16時半に2分間に合わなかったそうです冷や汗 (顔)

 

クローバー 01ステージ・大石恵深クローバー