あそびも学び


日中と朝との温度差を感じる季節に

なりましたね。体調管理に気をつけて

いきたいと思っているところです。

 

たんぽぽの保育室でBブロックで遊んでいたMちゃん。

Bブロックを重ね先生に「長い?」と尋ねてきたので

「もっと長いの作ってみたらどうかな?」と

言った一言から黙々と作り始めました。段々Bブロックも

Mちゃんの身長と同じくらいになってきたところで上に重ねることが出来ず困っていました。その姿に気がついたのかRくんが「僕がしようか?」と声をかけ

一緒に作ることに。

2人が作っているのを見ていた周りのお友だちも参加し

ブロックを持ってくる係、ブロックを重ねる係と自然に自分たちで役割分担をして遊ぶ姿がありました。途中壊れると「またしようよ」「大丈夫だよ」と慰める様子も見られブロックが壊れた経験から「僕が下を抑えるね」「壁にくっつけて作っていこうよ」「椅子にのってみたら上に届くかな」と相談したり提案をする姿も…。

子どもたちが遊びを通して自分の考えを相手に伝え

失敗した経験からイメージをしていく力が養われているだなと嬉しく思いました。

大人が思っている以上に遊びから学ぶものは多いのだと感じた瞬間でした‪‪☺︎

これからも子どもたちからいろんな発見をしていきたいと思いました。

 

 

2歳児 渡辺 ゆうか