お楽しみ会の過程も楽しむ


来月のお楽しみ会に向けて、各ステージ様々な取り組みを行っています。

3.4.5ステージでは、4月から見て、馴染んできたペープサートの中から劇遊びをそれぞれ決定しました。

3.4歳児はそれぞれの役になりきりリズム遊びを行ったり、劇中使用する小物作りを経て、役選びもスムーズdouble exclamation

それどころか、台詞もすぐに覚えて口ずさむ姿が多く見られました。

 

5歳児、ひまわり組も今楽しみながら劇遊びを進める中、もっとモチベーションを上げることが出来ないか、先生達と考えました。

自分達の役の小道具を自分達で作るexclamation

そこから更に役になりきってくれないかなぁ・・・と提案しました。

元々製作好きの子ども達、早速ノリノリで取り掛かってくれましたexclamation

動物たちの帽子をまず、私たちが骨組みを作りました。骨組みを作り上げた時点で、それぞれの役の子ども達が被って大はしゃぎdouble exclamation

既に壊してしまういそうな勢い冷や汗 (顔)

そしてのり付きの紙を貼り、色塗りをしてもらいました。

 

難しいかも・・・と思った作業も皆でカバーし合いながら、自分だけのオリジナル帽子が完成しましたわーい (嬉しい顔)

 

お楽しみ会まで、子ども達はもちろんの事、私たちの方が楽しんでいるかもしれません(笑)

 

3.4.5歳児       池上由美