ここ数日、朝晩は肌寒く、昼間はまだまだ半袖でも過ごせる程の気温で、朝からの服装に悩んでしまいます。

また、陽が沈む時間も早くなり、ふと外を見ると真っ暗に。

暗くなるとなぜか焦ってしまい、買い物をして晩ごはんを作って・・・とひとりバタバタしてしまいます冷や汗2 (顔)

でもそのためか、夏に比べて家事が終わる時間は早くなり、いつもできない事を・・・といろいろ考えるのですが、何も思いつかず((笑))

 

そんな日が続き、先日は家事を終えた後に本屋へ。

しばらく本を読んでいなかったので新作がたくさん並んでいて、30分程悩んでいました考えてる顔

悩む理由は、本に付けてある帯。

帯には、その本に様々な情報が記載されており、それらの情報をヒントに本を選んでいきます。しかし最近の帯はインパクトの強い色使いや文字を使っていたり、読者に訴えかける文章が書いてあり、どれも面白そうでかなり悩まされてしまいます。

毎回悩みに悩んで購入してきた本の中には、想像以上に読者心理を裏切ってくれる作品がありましたが、正直、『思った通りの展開だったな』 『あ~なるほどねえ』 『え?これで終わり?』など、正直残念な結末だと、その本を読んでいた時間を一気に損したような気分になってしまう作品もいくつか・・・バッド (下向き矢印)

そうなってくると、帯の内容にかなり注意深くなり((笑))、本を読む前に推理をしてしまい、帯とにらめっこ状態になっていますちっ (怒った顔)

 

そんな私と帯との戦いは、本を読み上げた時にしか決着はつきませんが、この戦いはこれから深まる秋から冬には、ますますヒートアップすることでしょうウッシッシ (顔)

 

クローバー 01ステージ・大石恵深クローバー