一つの行事を通して・・・


みなさん、お盆はどうお過ごしですかexclamation and question

おばあちゃん家に行ったり・・・

お墓参りに行ったり、花火をしたり・・・

今も昔も、見えるものは変わったとはいえ、家族が集まったりして賑やかに過ごす姿はあまり変わらないようですね。

連日のブログでもお伝えしていますが、ひまわり組のお泊まり会がありました。

お泊まり会では、水遊びやキャンプファイヤー、そうめん流し、同じ布団でお友だちと寝たり・・・

いろんなことを計画しました。

計画を立てる中で、職員同士で色々な会話があって楽しかったんですよ。

さあ、今年はどこに行こうかなぁexclamation and question と始まり、キャンプファイヤーってどんなことしてたかなぁexclamation and question じゃあキャンドルの集いとかはexclamation and question

もちろん、城山保育園の職員は同じ小中学校に通っていたわけでもなく、同じ時代を生きてきた人ばかりではありません。

いろんな思い出があるはずですよね。

でも、キャンプファイヤーって言ったら、これじゃないexclamation and question とか、女神様とかいるかなぁexclamation and question とか。

詳しく話をしなくても、一緒に過ごしたかのように話は盛り上がっていました。

 

園では、毎年、毎行事、今の子どもたちの姿を見てこんなことやってみようexclamation と計画を立てています。

昨年と一緒のことを行うときも、何が良かったからこのままでいくのかなど検討を重ねています。

経験したことのない新しいことにチャレンジすることは、私たちもワクワクするし楽しいのですが、キャンプファイヤーのように、定番double exclamation と言われる思い出を持つことで、初めて会った人とでもつながることができるんだなぁと会話を通して改めて感じ、ひまわり組のお友だちが遠い未来、誰かとつながるツールに使えるように、すべて変えていくのではなく、必要なものはしっかり残していけるように物事に向き合っていかなければならないと感じました。

また、新しいものと昔からあるもの・・・

極端にこっちとは言えませんよね。

このバランスを上手く取っていくこと、まだまだ勉強が必要です。

 

ちなみに、今年のお泊まり会の“そうめん流し”保育園では初挑戦だったんですexclamation お泊り会リーダーの職員の発案ですdouble exclamation 竹を使わずにできるなんてexclamation

正直本当にできるか心配でしたが、やりたいexclamation と本気で思ったことは、実現できるんですねexclamation

昔ながらの“そうめん流し”の中に新しい考えをexclamation

新しい経験楽しかったです。リーダーありがとうexclamation

 

 

 

スタッフルーム:豊田かなこ