いっぱい経験しよう


先日は、ひまわり組さんたちと一緒に博物館に行ってきました。地震のあとずっと閉館していたので、私も久しぶりでした。プラネタリウムも久しぶり。暗くなって星が一面に広がりとってもロマンチックハート でしたよ~。

今回は、路線バスに乗って行きました。そのバス停(西部車庫)へ歩いて行っている時に、「えっ?バスで行かないの?」(貸し切りバスのことらしい)と不安そう。バス停について「ここから、乗るんだよ~」と教えると、「知ってる~。ママと乗ったことある~。」と嬉しそうに話してくれました。貸し切りバスと違って路線バスは、保育園ばかりでなく一般のお客さんもいる公共の場。必ず座れるとも限らないし、騒いで迷惑をかけるわけにはいけません。子どもたちも前日の約束を守っているのか、おしゃべりもヒソヒソ・・。状況に応じて対応していました。そのあとの博物館、プラネタリウム、城彩苑。時には、テンション高くなってしまうこともありましたが、帰ってから「楽しかった~」の言葉が聞けて、何よりでした。

いつも自家用車での移動なので、子どもたちが小さい頃、経験して欲しくて、あえてバスや市電、電車を使って出かけていました。短い距離ですが、子どもたちの表情を見ているのが楽しくて楽しくて・・わーい (嬉しい顔)

帰りは疲れて子ども3人が眠ってしまうこともありました。必死に起こして、子どもを抱きかかえてバタバタ降りようとしたときに、

「ゆっくりでいいですよ~」

と、言って待ってくれた優しい運転手さん。子育て中は、そんな言葉が嬉しくて、癒されました。なつかしい思い出です。

スタッフルーム  田中晴美