Ms.のっぺい


前回ランチのメニューにのっぺい汁があった日のこと。

その日の私の担当はのっぺい汁作り♪のっぺい汁に入る材料は汁物の中でも具が多く、形もサイコロ状に切るため下処理がたいへんあせあせ (飛び散る汗) その日ペアを組んでいたチューボーの先生と一緒に下処理をし、いざ調理!

実は私・・・のっぺい汁が大好きなのです黒ハート 自宅でも他の汁物はおかわりしないのにのっぺい汁だけは必ずおかわりをするほど大好きなのです!

そんな私・・・。のっぺい汁をみんなで美味しく食べたい一心で作りました!!(笑)

繊細な舌を持つ子どもたちがたくさんいる保育園の料理は薄味。特に汁物は、味が薄い分、だしや野菜、肉からでる旨味を十分に引き出してあげないと美味しくなってくれません。

炒めて、煮て・・・出来上がった渾身の一杯を食べたある先生方がくれた称号・・・Ms.のっぺいぴかぴか (新しい) 子どもたちが「今日のおいしいよ♪」と声をかけてくれたり、たくさんあったのっぺい汁がみるみるうちになくなっていくのを見ていると素直に嬉しかったです。

ある先生に言われました。先生によって微妙に味が違い、食べただけで、今日は誰が作ったというのがわかるそうです。味付けが濃いとか薄いとかではなく何かが違うのだとか・・・。子どもたちと一緒にランチを食べていると、「これ誰が作ったと?」とよく聞かれます。私たちが気付かない味まで気付くほど繊細な舌を持つ子どもたち。もしかしたら、甘味・塩味・酸味・苦味・旨味の五味だけでなく、゛チューボーの五味”も感じているのかもしれませんね♪

チューボー 三好 あやこおにぎり