ランチの時間


新園舎になって久しく作っていなかったメニューがあります。

それはスパゲティナポリタンです。

以前の回転釜(※学校給食で使う大鍋のこと)と違い

その行程は・・・

寸胴鍋で10キロ近いパスタ麺を三回に分け茹で、

スチームコンベクション用の深い鉄板12個に味付けした麺を入れ、

その上に玉ねぎ、ピーマン、ソーセージをのせて加熱していく作り方です。

 

その日、私は子どもたちと一緒にランチを食べました。

子どもたちも、職員も大好きな目がハート (顔) メニューで、

おいしいと言って食べてくれましたが、

一人の子がお皿の隅にソーセージだけ集めていました。

どうしたのかな?と思いその子に尋ねました。

ソーセージ嫌いなのexclamation and question

すると、その子は・・・人差し指を横に振り・・・

大好きだから、あとで食べるのハートたち (複数ハート) と教えてくれました。

楽しみはあとに伸ばしてワクワク感をとっておきたいんだなぁ〜

私も小さい頃やっていたような気がします。

 

思い起こせば・・・

私が小学生のころ(かなり昔ですが   (笑)

給食の豚肉と椎茸が嫌いで、

噛んでも噛んでも飲み込むことが出来ずに涙目になっていたのを思い出しますdouble exclamation

しかし、小さい頃嫌いだったものが大人になると好きになったりします。

それは・・・

未蕾(みらい)と言う食べ物の味を感じる器官があるそうで、

人間の舌には10000個あるそうです。

これは、12歳をピークに減少するそうです。

つまり、大人になると味に鈍感になり食べられるのでしょうかexclamation and question

複雑ですが・・・。

好き嫌いのある子どもたちにとっては朗報ですよね。目がハート (顔)

 

話はスパゲティの話に戻りすが、今度はミートソースがいいかなexclamation and question

和風のきのこスパゲティがいいかなexclamation and question と妄想は膨らんでいる所です。

チューボー  クローバー 荒川 邦子