さかあがり


年度末になり、子どもたちの成長が色々と著しいこの時期、鉄棒遊びでも変化が見られています。

ぶら下がったり、「豚の丸焼き(両手足をひっかける)できるよー」と見せてくれる子ども達。

たんぽぽ組の子どもの中にはもう「空中逆上がり」までできる子もいるのですが、これから「逆上がり」に挑戦する子どもが「どうしたらできるの?」と尋ねてきました。

「利き足を思い切り蹴り上げて、鉄棒におへそをグッと近づけて…」と言葉で説明していたのですが、動きのイメージを言葉で伝えることは難しく、やって見せることにしました。

 

子ども頃は軽々廻っていた「逆上がり」も、大人になってからはする機会もなく、「たぶんできるだろう・・・」という感じで、いざよいしょ!!

 

何とか足は上がり、体も鉄棒に乗ったはいいが、グルんと回るまで「うんとこしょ・・・」といった感じで、自分の身体の重さを痛感。

何とか成功はしたものの、「見本」としてはなんともスマートさに欠けるかっこ悪い見本になってしまいました。

 

我が子はまだ1歳5か月で、逆上がりを覚えだすのは4~5年後?今すでにこんな状態なので、体力作りが必要だな。。。と痛感させられた「見本披露」になりました。

 

0・1ステージ 田尻 ひとみ