初詣に行って来ました


阿蘇神社へ初詣に行って来ました。

毎年、何気なく行っていたのですが、今年はちょっぴり調べて参拝に向かうことに・・・阿蘇神社は、神武天皇の孫神で阿蘇を開拓した健盤龍命をはじめ家族神12神を祀り、2000年以上の歴史を有する古社で、古来、阿蘇山火口をご神体とする火山信仰を融合し、肥後国一の宮として崇敬をあつめてきたそうです。宮司職を世襲する阿蘇氏は、我が国でも有数の旧家として知られ、中世には武士化して肥後国を代表する豪族に成長し、500社に及ぶ分社があるのは、こうした歴史背景に理由があると考えられているそうです。

阿蘇神社の社殿群は、天保6年から嘉永3年にかけて、熊本藩の寄進によって再建されたもので、神殿や楼門などの6棟は国重要文化財に指定されています。中でも楼門は九州最大の希望を誇り、「日本三大楼門」の一つともいわれているそうです。平成28年熊本地震により楼門が倒壊し、また拝殿が倒壊するなど、重文以外の社殿についても甚大な被害をうけ、昨年末とても難しかった楼門解体が完了し復旧へとむかって工事が進んでいました。

倒壊したときにも参拝させて頂いたのですが、1歩1歩進んでいく様子が見られ、自分も前に進んでいるとこに気付くことが出来た素敵な1日でした。

もちろん水基めぐりもさせて頂き、お団子など食べてきましたウッシッシ (顔)

また、来年も参拝に・・・

今度はもっと復旧した姿をみせてくれると思いますぴかぴか (新しい)

スタッフルーム たかまつ じゅんこ