これからです!


先日の朝のおやつの時、人数分のヤクルトを乗せたトレーをテーブルの中央に置いてみましたウッシッシ (顔)

特に何か声をかけることもなく、子どもたちがどういう反応をするか観察していました。

 

まずひとりの子どもが自分の分を取り、飲み始めましたうまい! (顔)

次に動いたのが、A くん。 A くんは、残りの3本を全部取ると、自分の前に並べ、そのうちの1本にストローをさすと飲み始めました。

それを見ていたまだ持っていないB くんは、A くんに怒って訴えていますぷっくっくな顔  でもA くんは気付かないふり(?)猫2

でも、B くんの怒りもエスカレートしてきてさすがに無視できないと思ったのか、ヤクルトをトレーの上に戻し・・・それを見たB くんがすかさず手を伸ばそうとすると、戻しかけたヤクルトをまた自分の元に戻しました冷や汗2 (顔)

ちょっとした意地悪な気持ちがあったのか、どうしても渡したくなかったのかわかりませんが、なかなかもらえないB くんはとうとう泣き始めてしまいました泣き顔

 

これはB くんにヤクルトが渡らないと思い、私からA くんに声をかけると、すんなり渡すことができ、B くんは美味しそうに一気飲みし、もう一人もらっていなかった女の子も、やっと飲むことができましたうまい! (顔) うまい! (顔)

見守る保育をしていると、こういう場面では周りのお友だちが声をかけたり、自分で気づいて渡したり・・・という姿が見られるのですが、そのテーブルの周辺はつぼみさんが多かったこともあるのか、今回は私が期待した姿は見られませんでした冷や汗 (顔)

でも、これは成長の過程の一つだと捉え、今後、A くんがどう成長していくのかが楽しみになりましたウィンク

 

01ステージクローバー 大石恵深クローバー